〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< フェアアイル用に | main | アルパカでまだら染め >>
初ホームスパンのベスト
070222-2

年末にとりかかっていて、仕立ても終わっていたのですが、なかなかアップする気にならなくて今日になってしまいました。今朝、娘に試着してもらいました。
教室でどんな布にするかというところから始め、そこから必要な経糸、緯糸の作り方を教わりました。 非常に当たり前のことですが、常に同じテンションで紡ぐことを念頭において糸を作るように、と釘を刺されたときにはどきっとしました。

出来上がった糸は一部、ちょっと「ん?」というところもあって、あぁ、これは考え事をしたときの糸だ・・・とぴんときました。 ちょっと太め、ちょっとネップが入っている、これだけのことで他の糸と差がついてしまう・・・差がつくことが悪いわけではないけれど、なるべく均一の布を織りたい、それは一見「既製品の様な布地」を作ることのように思えるかもしれないけれど、出来上がった布が放つ輝きは工業製品にはない味わいを持つからこそ、紡ぎたい、織りたいと思うのです。 
・糸についてはこちらから
・縮絨についてはこちらから

仕立てでは織り布が少し短かったせいで、身幅を詰め、「ゆったり感のあるベスト」というよりは「ぴったりで着るベスト」になりました。 暖かくなってきたので、ブラウスにこのベストといういでたちで出かけられる日ももうすぐです。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/99
TRACKBACK