〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<<  warp-float と二重織り | main | 二重織り? >>
ローズが旅立ちました
愛犬ローズが我が家にやってきたのが2001年6月、子供たちはローズと一緒に育った(育ててもらった?)といってもいいほど。3年前に卵巣摘出の手術をし、その後もとっても元気に暮らしていたのですが、この冬が寒さが堪えたのか、だんだん元気がなくなりました。

この2ヶ月は散歩も「えーいくのー?」くらいな億劫ぶりで、「年取ったねー」と家族と話していたところ。2週間ほど前から起きられなくなり、介護の生活になりました。
一昨日久しぶりに風呂にいれてやり、絡まった下毛もカットしてやったり・・。
食欲もまだまだあって「この分ならまだ大丈夫だね・・」と言っていた矢先のことでした。

夕飯を食べさせて、またいらない毛のカットをしてやり「さっぱりしたねー」といって、水もたくさん飲んで・・・
震えていた身体が急に静かになったのでお布団をかけてやったのですが、夫が「布団をけとばしてる!」というので、また見に行って、向きを変えてやったりしていたら、「こーん!」とないて・・・そのまま息を引き取りました。

ひとりぼっちの時じゃなくってよかったね。
家族がみんな揃ってて。
この何ヶ月も、自由に動けなくてもどかしくて・・・辛かったね。

ご飯も食べ、お水も飲んで・・・静かに旅立っていきました。

過ぎてしまうと「もっといろいろしてやれたのでは?」「もっとたくさん遊んでやりたかった・・・」と悔いばかりが残ります。
ローズが私たち家族にたくさんのものを与えてくれたのに、ローズはうちにきて幸せだったのかな・・・とそればかり考えてしまう。

外遊びが好きで、散歩にでると、玄関の前でいやいやするローズが可愛かったね。
河原に連れて行ったらいきなり川に飛び込んで流されるところを工事のおじさんに助けてもらったこともあったね。
小さい頃は市民公園によく出かけて他の犬と遊んでいたけど、「ペット立ち入り禁止」になってしまい、近所で散歩ですれ違うわんちゃんとくんくんするくらいになってしまったね。

いままで一緒にいてくれてありがとう。
私たち家族はみんな、ローズのこと忘れないから。

さようなら。

今日の夕方斎場で荼毘にふします。
骨は持って帰れないので、せめて毛だけでも記念に切り取っておきたいです。



 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/430
TRACKBACK