〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< はじめてのバックストラップ作り | main | warp-float design グーシ花 >>
backstrap weaving その2、その3
前回アップしてから日が経ってしまいました・・・。
織りといっても高機にかけるのとは勝手が違うので戸惑うことが多くてなかなか作業が進みませんでした。

その2はcomb designにチャレンジしてみました。
2枚そうこうの織り機やリジットでは比較的早い段階に作るデザインだと思います。

頭の中でイメージしてみるのと、実際織った感じがかなり違っていました!
なので試し織りは必要なんだなーと改めて感じました。

一番右の歯がなんだかおかしいし、ところどころ本数が少なかったり多かったり・・・
地の黒の糸がめっちゃ見えづらかったっていうのも敗因の一つかな・・

これからは黒はポイントで使おう!と思いました。
これは先日織りあがり、ファスナー付きのカード入れにでも仕立てる予定。

使用糸 ピエロのさわやかコットン(30wpi) 黒、赤、淡いピンク
経糸本数 両耳8本+1柄が18本 黒のバックグラウンドが8本
織り幅 10.5センチ

この織りは糸の太さ=織り幅になるので、筬を使用する織りとは感覚がかなり違うように思います。

今織っているものはこちら

経糸が浮き糸になるデザイン(warp-float design) なのですが、なんか間延びしてしまっています・・・
かなり打ち込んでいるつもりなのですが・・・地の縞部分が太いような・・・
しばらく悪戦苦闘してみます!

こちらもピエロのさわやかコットン使用。

そうこうは同じ糸(さわやかコットン)、ロッドはラップの芯を使用してます。
ラップの芯は硬さがあるのに軽いのでとっても使いやすい!
筒に糸を通して結べば落ちてしまうこともなく快適に使えてます。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/427
TRACKBACK