〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< インコ | main | クロッカス 完成 >>
フレミッシュ織り木枠


油絵用の木枠を購入しました。 長い方の側面に5ミリ間隔で2段にして釘をうちつけました。
1センチで2本、糸は往復になるので4本、なので、これで4羽/センチの幅になると思います。

 

横において写真を撮っています。 こんな風に経糸を釘を抜かさないように張ります。
糸を張った状態では間隔の細かい、荒いがありますが、太い糸で数段、捨て織りをすることで経糸の
間隔が安定するように思います。

今回、麻糸を張ったので・・・緩んだところがつらいです。
綿糸(タコ糸)の方が多少、伸びがあるせいか、糸のテンションが揃いやすくて織りやすいと思います。

※糸を張るときの工夫などがありましたら・・・ぜひ教えてください!
スポンサーサイト
こんばんわ。7月にhttp://www2.tky.3web.ne.jp/~mayoria/recipe1.htm
のページに木枠の作り方が載っていました。それは釘を枠に打つのですが、candyさんの様に横側に打つ方が良いみたいですね。
木枠は何号具が適当で良いでしょうか?

ありがとう!
yukiwaa | 2010/01/19 8:38 PM
yukiwaaさん

おはようございます。
釘はどちらでもいいと思います。全面だと机に置いたときにあまり邪魔にならないかもしれませんね。

木枠、織るものの大きさで決まってきます。 大は小を兼ねますが、あまり大きな木枠で小さなものを織ると、経糸のロスが大きいと思います。 一度画材屋さんで実際の大きさを見られるのが一番かと思います。
Candy | 2010/01/20 8:45 AM
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/399
TRACKBACK