〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ベスト完成 | main | あったかブランケット完成 >>
ブランケット織り上がり


先日より奮闘していたブランケットが織り上がりました。

3番手の糸を6羽/センチに通すのだから大変でした。
おかげで織り地はしっかりしています。 そしてとっても重いです!!

ブランケットというと「膝掛け」というイメージでしたが、これは野外に持ち出して
レジャーシートの上に敷くような・・・ものっぽいです。
少々荒っぽく扱っても大丈夫!な、頼れるやつになってくれるのではーと思います。



今朝投稿しようとして、家にメモリーカードを忘れました。

織っている感じはこんな風でした。
幅95センチはしんどかったです。 なにしろ・・・両腕がいっぱいいっぱいで。
おかげで・・昨日は接骨院で首・肩をもみまくってもらいました。 笑

機から下ろして・・・ただいま脱力中です。
織りキズの直しと、房の始末が終わったら縮絨です。
そこまでの道のりはまだまだ遠いようです。
スポンサーサイト
お疲れ様でした♪
「苦労した甲斐あり」の仕上がりじゃないですか?

ブランケットってこっちではCandyさんのおっしゃるようにピクニックシート代わりに使うことが多いですね。
私はもったいないと思うんですが・・・

肩揉み、いいな〜。こっちでは気軽に行ける接骨院とかってないんですよ。マッサージなんかに行くと保険は利かないし、30分ぐらいで軽く7−8千円は取られますから。

Satoko | 2009/11/20 9:54 PM
こんにちは。
もう織り上がったのですか! おめでとうございます☆
さすがのペースですね。糸が太めだったとはいえ、この速さはすごいです。見習わなくてはいけないですね。刺激を受けます!

そっか、テキスト通りにするとかたい仕上がりになっちゃうのか…。
それは私には不本意なので、40羽使用に図案を変えなくちゃですね。
同じキットなのに、全然違う作品になって今いそうですね(笑)。
それもまた楽しみですが。
今度お会いする時、ぜひぜひ見せてくださいね〜。
じぇんね | 2009/11/21 6:19 AM
大作ですね。素敵です。
いつも感心ばかり、、、です。

やはり肩が懲りますか?
足は如何でしたか?

これはウールですか?
yukiwaa | 2009/11/21 3:41 PM
Satokoさん

こんばんは!
みてくださってありがとうございます♪
打ち込みが結構大変でした・・・今日も接骨院まで行きましたが、お客さん多すぎで(3連休なので・・・)あきらめて帰ってきました。

ただいま房作り中です。 房もですが、織りキズが只者じゃないくらい多くて、全部直し終わるのには結構かかるのでは・・と思います。
早く縮絨して完成品をお見せしたいです♪

そうですね、ピクニックシート代わり・・はちょっともったいないかも?と思いながらも、外で敷けるならそれに越したことないかなという気持ちも半分あります。 私の場合、レジャーシートの上に敷いて寝そべったりしたいな・・と早くも妄想しています 笑




Candy | 2009/11/21 9:19 PM
じぇんねさん

こんばんは〜
前回のミニマフラーと違って「先がみえない不安」がなかった分、さくさく織れました。
このくらいずっしり目の詰まったブランケット、なかなか織る機会がないので・・・この通り作られてもいいのかも?と思えてきました。

織り図が間違っていたので(私はBlad3ってのを使ってしまいましたー)織りながら「もう一度糸を買ってリベンジしたい」と思っていましたが、織り上がったらこれはこれでいいかも?で、リベンジの夢は露と消えました 笑

じぇんねさん仕様のブランケット、楽しみにしていますね♪
Candy | 2009/11/21 9:25 PM
yukiwaaさん

こんばんは〜

見てくださってありがとうございます。
これは幅を広く織ってしまったので(織り95センチです)、シャトルを右左に飛ばして角度を付けるのに両腕を広げて・・・それで肩が凝りました! 4枚ソウコウなので足はそれほど重くなく、楽でした。

糸は紡毛糸で双糸です。 糸は切れにくくとても織りやすい糸でした。 yukiwaaさんも・・機会があったら是非使ってみてくださいね。
Candy | 2009/11/21 9:28 PM
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/386
TRACKBACK