〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 果てしなく長い道 | main | クリンゲンフィルハーモニカー 第5回演奏会 >>
ニッケルハルパのライブ(演奏会)に行ってきました
 名古屋市名東区にある雑貨店のミュシカさんで、「北欧の森」というイベントが始まっています。

9月5日の『北欧の音色』の演奏会を皮切りに、期間限定で作家さんの作品展や、連休あたりはワークショップなども予定されています。

その「北欧の音色」の演奏会へ行ってきました。
ブログでおつきあいのあるSatokoさんは、スウェーデンでニッケルハルパを弾かれています。
ニッケルハルパって何?ってところから始まって・・・・機会があれば生の音を聴いてみたい!と思っていました。 偶然にもミュシカさんでこのイベントを知り、近くで聴けるのなら是非!と思い、行ってきました。

今回聴かせていただいたのは日本人の演奏家のライブでした。
エストニアの民族楽器のブズーキ(日本の琵琶のような形で、弦はマンドリンのように2本ずつ張ってあります)とニッケルハルパのセッション(っていうのかな?)でした。

今回のイベントが「北欧の音色」ということで、スウェーデンやフィンランドに伝わる古典から現代音楽まで、いろいろ演奏してくださいました。
ニッケルハルパは弦がとにかくたくさん張ってあります。
実際に弾くのは3弦だけですが、1弦に対する共鳴弦が3本ずつ(4本のところもあったかも?)で、とても華やかな響きです。 ヴァイオリンやヴィオラの本体の指板のところに鍵盤がついていて、その鍵盤で音程を取るという、操作が難しい楽器でした。 もちろんヴィブラートはかけられないので、弓での表現なのですが、今回の演奏会はすばらしかったです。

ライブ(と思っている)なので、休憩時間に楽器を実際に弾かせてもらったり、演奏者の方とお話する時間もあって、とてもよかったです。
こんな難しい楽器をSatokoさんは弾かれているんだ・・・と思ったら、またまた尊敬の念が湧き出ました。

CDも販売されていたので・・・購入してきました。
帰ってから聴いてみましたが、とても心の安らぐ音楽です。
ライブの時の温度感(非常に熱くて楽しかったです!)というよりは、もっと空気が澄み切った・・・・という感じで、生演奏もとても楽しかったしすばらしかったけど、CDもまた別世界に誘ってくれる感じがあって、行ってよかったなーとしみじみ思いました。

どこかで音源が公開されているかと探してみましたが・・
このグループのは残念ながらありませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、You Tubeでかわいい演奏を見つけましたので貼ってみました。



-*-*-*-*-*-*-*-

家に帰って・・・しばらくヴィオラを真剣に練習してなかったなーとちょっと反省。
今日からまたがんばって練習してます。
合奏が怖い、と逃げてました、もうヴィオラ弾くのもやめてしまおうかとも思いました。
昨日のライブを聴いて・・・自分で怠ける口実作ってるだけじゃん?と自分を諫めました。
いつまで弾けるかわからないけれど・・・できるうちは真剣に取り組まなきゃという気持ちが湧きました。
冬の演奏会は娘の受験だから出られないけど、それでも自分で自分をあきらめてしまわずに、演奏できる機会があったらどんどん外に出て行きたいなぁ・・・と思わせてくれたライブでした。

すべての出会いに・・・感謝です。
 
スポンサーサイト
おはようございます♪

ニッケルハルパ、聴かれたんですね。
ブズーキとニッケルハルパのセッション、面白そう。

ニッケルハルパでもヴィブラート、かけられるんですよ。ただヴァイオリンやヴィオラと比べると難しいですけどね。普通はヴィヴラートはかけません。
弦は全部で16本あります。
演奏弦が3本、通奏低音弦が1本、共鳴弦が12本(12音階の1音に対して1本)です。

キー(ニッケル)がある分、他の弦楽器よりも簡単ですよ。
機会があったらぜひ弾いてみてくださいね。





satoko | 2009/09/07 4:09 PM
Satokoさん

こんばんは〜

いつか聴いてみたい!と思っていたニッケルハルパの生の音を今回聴くことができました。
セッションはとても楽しかったです、今回北欧フェアのイベントということで、フォークダンスの音楽をメインに演奏してくださったのですが、身体が思わず動いてしまいそうになるくらい、のりのり〜だったんですよ。

休憩時間に弾かせてもらいました。 指板が鍵盤というのが非常に難しかったです・・・あの姿勢で弓を動かすのも至難の業だったし・・・何事も練習なんでしょうね、これを軽々弾かれるSatokoさん、すばらしいです。

私も・・・ヴィオラの練習に励みますね!
Candy | 2009/09/07 7:55 PM
こんばんわ。
nyckelharpaの演奏会があったのですか!
実際に聞く事が出来て、何よりでしたね。
私は、何度かswedenで聞きました。あの音大好きです。

Candyさんの友人のsatokoさんはnyckelharpaを弾かれるのですね。すごいですね。素晴らしいですね。
Candyさんもヴィオラ頑張ってください。
いつか、聞きに行きます、、。
トランプ | 2009/09/08 9:50 PM
トランプさん

おはようございます。

偶然にも!お店のブログで見つけて(普段あまり行かないのですが・・なにか呼ぶものがあったんですね!)即申し込みました。
名古屋方面ではあまりこういう演奏会ってなさそうなので、この機会を逃したら次はいつあるかわからない・・・と思ったのです♪

なんでもそうですが、生で見る、聴くというのは本当に喜びが身体に沁みわたるものだなぁと思いました。 今はCD、テレビ、インターネット等でいろんなものを見たり聴いたりすることができますが、やはり生のものが一番!と思います。

曲の合間のMCで「ニッケルハルパの歴史は古くて13世紀か14世紀ごろからあり、ゴットランド島の教会に最古のこの楽器のレリーフ(壁の浮き彫り)があります〜」という話を聞いて、ますますスウェーデンを旅したくなりました。

Candy | 2009/09/09 9:40 AM
Candyさん

「ゴットランド島の教会に最古のこの楽器のレリーフ(壁の浮き彫り」、私のブログに写真を載せてます。
http://findus.blog33.fc2.com/blog-entry-225.html

本物、かわいいのでぜひ見に行ってくださいね。

satoko | 2009/09/09 6:17 PM
Satokoさん

こんばんは〜

Satokoさん、ゴットランド島で実物を見てこられたのですね!! うらやましいです〜。
楽器演奏のレリーフ、大きさはどのくらいなのでしょうか?? またいろいろ教えてくださいね♪
Candy | 2009/09/09 7:53 PM
はじめてコメントさせていただきます。日本ニッケルハルパ協会のjosanと申します。ニッケルハルパの検索でやってまいりました。
掲載いただいた映像はIKEAのイベントに当会が協力させていただいた時のものです。ご紹介どうもありがとうございます。画像も音もあまりよくないのは撮影者の私のせいです^^;。

また、お行きになられたライブは、協会の方ではないのですが、私の友人の方達のバンドです。もうひと組、フィドルとギターのコンビもいらしたかと思います。出演されていた鳥谷さんは日本でも有数のニッケルハルパの弾き手です。

協会自体は、首都圏中心の活動ですので、ご覧頂ける機会は少ないかと思いますが、YouTubeには今後もアップしていきたいと思いますので、ぜひご覧になって見ください。
今後ともよろしくお願いします。
josan | 2009/09/15 3:30 PM
josanさま

はじめまして! コメントありがとうございます。
検索を辿ってきてくださったとのこと・・重ねてお礼申し上げます。

とても楽しいライブでした。 もう一組のグループは牧野さんと山田さん(夫妻)の演奏で・・・鳥谷さんのグループとは違った、のんびりくつろげるライブでした。 ニッケルハルパの鍵盤にぐるぐる回す持ち手をつけた楽器には圧倒されました!! 名古屋市内でこういうライブが聴けるところがないのが残念です。 今後も是非YouTubeで紹介していただけると嬉しいです。

また何かありましたら・・・ご案内いただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。
Candy | 2009/09/15 3:54 PM
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/373
TRACKBACK