〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ブランケットの製作 その2 試し織り | main | ブルーフェースのトップで織る >>
ラック染め
060813-1
ラックという染料を使いました。
これはコチニールのように、動物(虫)から取れる染料のようです。 何度も煮出すとそのうち、ろうのような物質が出て、これがニスに使えるとか・・・。 4〜5度煮出して、色が出なくなるまで絞り出しました。

サフォーク×チェビオットの白を染めてみました。
被染物の25%の使用でしたが、思ったより濃く染まりました。
それでも自然の染料なので、優しい色合いです。

※追加です。媒染はアルミ(フィトカリ10%)で行いました。
スポンサーサイト
今度は「羊遊び」から来ました。
植物染めに比べ少ない量で染まるのですね。
淡い色でキレイです〜

織り機の件、ありがとうございました。
リジットで講習を受けたことがあるのですが、咲き織りも検討したいと思います。
おはこ | 2006/08/14 7:48 AM
おはこさん

化学染めは楽チンなのですが、こういう手間も楽しみの一つだなぁと最近思うようになりました。

咲き織りの体験が出来るところがあるといいですね。
お気に入りの機が見つかるよう、祈っています。


Candy | 2006/08/14 8:26 AM
ラックはコチニ−ルより優しい色が出るので好きな染料のひとつです。 透明な蝋のようなものが、ラッカ−塗料です。
隠居 | 2006/08/14 9:33 PM
ご隠居さま

ラックでラッカーなのですね! なるほど〜〜。
また一つ賢くなりました。

透明というか、煮出している最中に黄色いどろどろが出てきました。煮出し用のステンレスボールに張り付きとれなくなりました(泣)
Candy | 2006/08/15 3:25 PM
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/37
TRACKBACK