〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ブンデン その1 ペレス王の青い服改め 「ペレのあたらしいふく」 | main | ブンデン その2 ペレのあたらしいふく >>
カカラウールワークスさんのペレンデール
ただいま紡ぎ習い中です。 カリキュラムが終わるころにはどんな糸もすいすい〜と
紡げるようになるよう、習ったことはしっかり復習していこうと思います。

カカラウールワークスさんで購入したペレンデールのシルバーグレーです。

習ったように紡いだつもりですが。
なんとなく糸が硬いです。撚りが入りすぎかも??
しかし「こうあるといいよね」というイメージにはかなり近いかも?
蒸したり洗剤で洗って脂がもう少し抜けると、ふんわり感が増すかもです。

カカラウールワークスさんで扱っていらっしゃるフリースは「スカード(洗い済み)」ってのが多くて、その手間だけでも省けるのがありがたいのですが、よくある機械で大量に洗う「スカード」とは違い、農場の方(もしくはカカラウールさん?)が丁寧に丁寧に洗ってくださっているので刈りたてのステイプルがそのまま生きてます!
脂の残った感じもとてもよくて、さすがプロの技だなぁ・・・と感心させられてます。

-*-*-*-*-*-*-*-

糸の太さと回転数のいろんなパターンを教えてもらいました。なかなか思うような太さにならない[太くなりやすい→撚りが多すぎ]な傾向にあるように思います。

紡ぎをはじめた頃はただ楽しくて楽しくて・・毎日紡いでいました。
その糸を使って作り始めたときに初めて「もっと○○の糸ならいいなー」という
願望が出てきて・・・今の教室とその前の教室で紡ぎを習いました。

前の教室の先生は感覚派。 理屈じゃなくて「こんな糸ってイメージを持てばいいのよー」っていう方だったのですが、おっしゃることはわかってもそれを実現するのはなかなか難しいことだなぁと思いました。 今の先生は理論がまずあって、それを実体験することで基本を知り、その上で右に振ったり左に振ったりしてそのときそのときの作品作りに応用していくということのようです。 今の先生の方がわかりやすいし、基本があるからこそ応用もあるのだと思わせてくださいます。 来月の紡ぎの教室は杢糸とスパイラルヤーン。どちらもとても楽しみです。
スポンサーサイト
こんにちはー。
カカラウールワークスさんは、主に原毛なんですね。私にはあんまりご縁がなさそう、と思いつつも、手紡ぎの糸に目が吸い寄せられて…。ぽちっといきそうな自分が怖いです(笑)。

そうですね、先生は、理論派ですね。
「原因を解明すれば、問題は解決できる」
って、けっこう言いませんか?
その時は、解明も何もわかりませーんって感じでしたが、今、一人で本と格闘して、組織をかいたり教室で勉強した織りを復習していると、
「あっ、そういうことね、わかった!」
と、筋道が見えて、すごくうれしくなる瞬間が多いです。
先生の教えてくださった基礎って、価値があるなあ、としみじみ思います。
あ、キットの注文決めました!メッセ送ったのでお願いします☆
じぇんね | 2009/01/25 2:02 PM
じぇんねさん

こんばんは
はい、カカラウールワークスさんは材料屋さんで、糸は・・紡ぎ糸はあつかっていたような・・・。 人の紡がれた糸はすごく参考になるし勉強になるので、私も欲しいなぁと思いますが、今はとにかく練習、練習です。

先生の↑の言葉は、うーん、まだお付き合いが浅いし、織りは機ごしらえだけで帰ってきてしまうのであまり教室で悩んだ?ことがないかもです。
じぇんねさんのおっしゃるとおり、先生の教えてくださる基礎はだんだん私の血となり肉となってきているような・・・気がしています。
本当にそう思えるのはもっとずっとあとになってからだと思いますが、いい先生を紹介してくださって、じぇんねさんに感謝していますー。

ほんとにありがとうございました。

キットの件、メッセージ返信しました。よろしくおねがいしますね♪
Candy | 2009/01/25 11:00 PM
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/291
TRACKBACK