〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 裂き織りのマット完成 | main | この一年を振り返って >>
ロ短調ミサ 演奏会
昨日、バッハアンサンブル名古屋のロ短調ミサ演奏会が盛会のうちに終了いたしました。
聴きに来て下さった皆様、どうもありがとうございました。

先日の日記にも書いたけれど、私にとって2度目のロ短調ミサとなりました。
6年前は指導者もなく、合唱の方とのちょっとした出来事?もあって、自分自身は
とても世俗的な中にあったロ短調ミサだった様に思いました。
今回指導して下さった李先生はとてもバッハにも造詣の深い方で、合奏練習や合唱との合同練習でも事細かに的確な指示を出して下さり、それに導かれた今回の演奏会はまさに、
「神のおわします神殿」での演奏会だったのでは・・と思いました。

私自身も今回は気合い十分で(笑)、練習も楽しかったし勉強もたくさんさせていただきました。 芸文のコンサートホールのすばらしい響きを実は今回初めて自分自身が肌で感じたといっても過言ではありません。(いつもは難しい曲を大勢のプレイヤーと一緒に演奏するのでもう、演奏に必死で音を味わう余裕なんて・・といった感じです) そして合唱の方々の美しいという一言ではとても表現できない、天からの声、天使の歌声というものが本当になるのならまさにこれがそれではないか・・と思わせられる、心にじわっと温かく迫る歌声の響きで心が熱くなりました。

とてもいい演奏会をありがとうございました。
これからもこういう演奏会に関わっていけたらいいなぁと思います。
そのためにはもっともっと、精進しなくては・・・。

-*-*-*-*-*-*-
演奏会の余韻もまだ身体から抜けていないのですが、来週の火曜日に次の演奏会の合奏練習があります。 楽譜が揃ったのでやっとやっと製本できました〜。
今回はプロコフィエフのロミオとジュリエット、抜粋版ですが、第一組曲から第三組曲まで網羅されていてさらに、バレエ音楽にしかついていない序章もあります。
製本してみたら結構分厚い・・・・大丈夫か????

昨日、指揮者の松尾葉子先生の来団日ということで・・どんな練習だったのか、
興味津々です。 さぁ、今日から気持ちを切り替えてプロコフィエフに取りかかることにします。


スポンサーサイト
こんにちは。ご無沙汰してます。

すてきな演奏会だったのですね。その場にいなかった私も、日記を読んだだけで、とても幸せな気持ちになりました。いいですね…。

今年は仕事に追われ続けた感じで、気持ちに全く余裕が無くて。でも、そういう時だからこそ、時間を作って、演奏会などに足を運べばよかったなあって、思いました。また機会があれば、お声を掛けてくださいね。

好きなことに無心に取り組む時間って、心を豊かにしてくれますね。
最近、やっと、私も織りに向かう気持ちになれて、うきうきといろんな本を見ています。スウェーデン織りに興味が出てきました。また、ゆっくりお話が出来るといいですね。

今年ももうすぐ終わり。何だか名残惜しいです。
あぜこ | 2008/12/15 9:34 PM
あぜこさん

こちらこそご無沙汰ばかりですみません。
忘年会の幹事さん、お疲れさまでした〜。
私も予定が合えば是非行きたかったのでとても残念です。

心がちょっと弱くなっている時はこんな素敵な音楽が励ましてくれるのでは?? またなにかいい演奏会があったらお誘いしますね。

お互いに忙しい、駆け足の年末年始になりそうですが、また来年もよろしくお願いしますね〜。
Candy | 2008/12/16 4:45 PM
COMMENT









Trackback URL
http://candydiary.jugem.jp/trackback/275
TRACKBACK