〜日々を大切に〜
大好きな手仕事と日常のあれこれを綴る日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

二重織り?
もうちょっとできたらアップしようかと思っていたけど、とりあえず中間報告。


ボーダーは平織りで、真ん中部分のみ2色使って織っています。
白を使わない部分の白糸がびよーん!って余ってきてしまうのが鬱陶しい。
というか、整経自体を見直したほうがいいのかな?

まだまだ織り修行は続きます・・・

これでがま口に仕立てようと寸法を測って経糸を張ったのだけれど、引けば引いただけ縮むので(汗)だいぶ細くなってしまった・・・・。
当然がま口の金具には入らないので、横に使ってペンケースにでもするかな・・・。

手織りの布のがま口ってそれだけでなんかインパクトあり? 笑
以前織った失敗作でも、口金つければそれだけで見た目、数段アップするので早く成功作に口金をつけたいものです。
 
 warp-float と二重織り
しばらくブログをご無沙汰してしまいました。
息子の大学進学が決まり、なんだか急にばたばたと落ち着かない日々を送っていました。
親戚への挨拶や、お世話になった方、心配してくださった方々への挨拶も終わり、あとは息子の入学式を待つばかり・・・

重い重い肩の荷をやっと下ろしたーという感じです。

これで私も晴れて(?)好きなことに専念できるということで。


前回のグーシ花の色違いで織ってみました。
この水色の糸が好き・・・ウェッジウッドのジャスパーを彷彿とさせてくれます。
続きを読む >>
warp-float design グーシ花
ネットをぶらぶら徘徊していて、とてもかわいらしいデザインをみつけたので早速試してみました。

グーシ花というデザインだそうです。
細い糸を使ったのですが意外と幅が出るなぁ・・・というのが感想。
1柄に経糸2本では少々細長くなるので、かわいらしさを出すために経糸3本で織ってみました。

うーむ・・・かわいいリボン

友人に見せたら「ほしい ほしい!」というので、色違いで細めに作ってみようと思います。
backstrap weaving その2、その3
前回アップしてから日が経ってしまいました・・・。
織りといっても高機にかけるのとは勝手が違うので戸惑うことが多くてなかなか作業が進みませんでした。

その2はcomb designにチャレンジしてみました。
2枚そうこうの織り機やリジットでは比較的早い段階に作るデザインだと思います。

頭の中でイメージしてみるのと、実際織った感じがかなり違っていました!
なので試し織りは必要なんだなーと改めて感じました。

一番右の歯がなんだかおかしいし、ところどころ本数が少なかったり多かったり・・・
地の黒の糸がめっちゃ見えづらかったっていうのも敗因の一つかな・・

これからは黒はポイントで使おう!と思いました。
これは先日織りあがり、ファスナー付きのカード入れにでも仕立てる予定。

使用糸 ピエロのさわやかコットン(30wpi) 黒、赤、淡いピンク
経糸本数 両耳8本+1柄が18本 黒のバックグラウンドが8本
織り幅 10.5センチ

この織りは糸の太さ=織り幅になるので、筬を使用する織りとは感覚がかなり違うように思います。

今織っているものはこちら

経糸が浮き糸になるデザイン(warp-float design) なのですが、なんか間延びしてしまっています・・・
かなり打ち込んでいるつもりなのですが・・・地の縞部分が太いような・・・
しばらく悪戦苦闘してみます!

こちらもピエロのさわやかコットン使用。

そうこうは同じ糸(さわやかコットン)、ロッドはラップの芯を使用してます。
ラップの芯は硬さがあるのに軽いのでとっても使いやすい!
筒に糸を通して結べば落ちてしまうこともなく快適に使えてます。
はじめてのバックストラップ作り
前回の練習の織りがとても楽しかったので、Laverneさんのサイトで紹介されているバックストラップ作りにチャレンジしてみました。

backstrap weavingに欠かせないのがこの後帯だと思います。
代用では枕カバーの左右をキャンディーの様に結んで腰に当てる・・・ですが、私は今回これを作るに当たり、腰に市販のベルトを締め、そこに三つ編みで太くした紐を手元のバーに引っかけて使っていました。

このバックストラップを作ったことで、今後の製作にますます意欲が湧くといいなぁ・・・と思います。
 
続きを読む >>
腰機(原始機)にチャレンジ〜
以前よりちょっとだけ興味のあった腰機です。
検索して最初に見つけたのがこちら→http://www.ac.auone-net.jp/~sidori/gennsibata.htm

こちらのサイトには機の作り方、使い方が詳しく記されていたので「そのうちにやってみたいなー」と
思っていましたが、大きな機を購入してからはそちらに夢中ですっかりその存在を忘れてしまっていました。
続きを読む >>